技術情報

Drobo 5N 64TB対応について

2016年1月7日にリリースされたファームウェアバージョン3.5.5で、今まで16TBまでだった最大使用容量が64TBまでにあがりました。
すでにDrobo 5Nをご利用中の方もバージョンアップ後に初期化する事により64TBまでご使用頂けるようになります。(注:その際、データは消去されます。)
初期化しないままでもご使用になれますが、最大使用容量は16TBまでとなります。
尚、新規にDrobo 5Nをご購入いただいた場合もバージョンが低い場合がありますので、ディスクを入れる前にファームウェアをバージョンアップすることをお勧めします。

本件に関する詳細と手順については、下記Drobo 5N 64TB 対応について(PDF)をご確認ください。

Drobo 5N 64TB 対応について(PDF)ダウンロード

Drobo Migration設定方法

一部の旧Drobo製品は、お手持ちのHDDデータをそのまま、現行製品へ移行することができる、「Drobo Migration」機能を搭載しています。
本機能を使用できる対象機種と移行方法は下記をご参照ください。

■Drobo Migrationを使用できる機種

ダイレクト接続モデル(DAS)

製品名 移行先機種
Drobo Mini Drobo Gen3
(PDR-DR4BAY)
Drobo 5C Drobo 5D Drobo 5Dt
移行元機種 Drobo Mini × × × ×
Drobo Gen1 × ×
Drobo Gen2 ×
Drobo Gen3
(PDR-DR4BAY)
×
Drobo S × ×
Drobo S 2 × ×
Drobo 5C × ×
Drobo 5D × × ×
Drobo 5Dt × × ×
DroboPro × × × × ×

NASモデル

製品名 移行先機種
Drobo 5N Drobo 5N2 Drobo B800fs Drobo B810n
移行元機種 Drobo FS ×
Drobo 5N × ×
Drobo 5N2 × × ×
DroboPro FS × × ×
Drobo B800fs × × ×
Drobo B810n × × ×

iSCSIモデル

製品名 移行先機種
Drobo B800i Drobo B810i Drobo B1200i
移行元機種 DroboElite ×
Drobo B800i ×
Drobo B810i × ×
Drobo B1200i × ×

■移行方法

以下の手順に従い、HDDを新しいDroboへ移設します。

  1. 新Drobo のファームウェアが最新のバージョンであることを確認してください。
  2. 旧Droboと新Droboをシャットダウンし、データケーブルを抜いてください。
  3. 旧Droboから全てのドライブを取り除き、新Droboに移してください。
  4. 新Droboにデータケーブルを繋ぎ、電源を入れてください。

※ Drobo の電源がオンのままマイグレーションを行わないでください。データが消失します。
※ 一旦移行作業行うと、移行前のDroboにHDDを戻してもデータを読み取ることはできません。