Drobo(ドロボ)は、
複数のHDD/SSDを組み合わせて搭載できる、
米国Drobo社製の最先端RAIDストレージシステム。
異なる容量・メーカーのHDD/SSDを混在可能、
ドライブの追加・交換も容易と、RAIDの常識を覆す
優れた使い勝手を提供します。

01.Beyond RAID®

従来のRAIDの制限を解消し、ストレージを簡単・安全に利用できるDrobo独自技術

異なる容量・メーカーのHDD/SDDを自在に搭載

大量データを保存・活用するうえで、複数のHDDをひとつの大容量ボリュームとして利用できるRAIDストレージの優位性は明らかです。 一方、従来のRAIDでは原則として同容量、同メーカー・同型番のディスクをスロット分用意する必要があるなど、厳しい制限があります。 Droboは革新のテクノロジーでこの常識を一新。異なるディスク容量や異なるメーカーのHDD/SSDを自由に搭載でき、増設や交換も自在です。

容量を無駄なく利用可能

異なる容量のHDD/SSDを組み合わせた場合でも、ムダを最小限に抑え、最大限の容量を確保します。容量計算はDroboが自動で行うため、難しい設定作業も不要です。

お手持ちのHDDを搭載した場合の実効容量がスグ分かる!計算ツール「Drobo Drive Capacity Calculator」を用意

導入予定のDroboにHDD/SSDを搭載した場合に、実際に使用できる実効容量をカンタンに計算できる「Drobo Drive Capacity Calculator」をDroboの米国Webサイトにご用意しています。導入前の容量チェックにお役立てください。

Drobo Drive Capacity Calculator(米国サイト)

最大2台までのディスク障害でも安心

運用上避けることのできないHDD/SSDの不具合時や故障時でも、Droboなら心配は無用。最大2台※のディスクに同時に障害が生じても、保存されたデータを安全に保護します(RAID6相当)。さらに、故障したディスクを新しいディスクに交換するだけで、Droboがデータを自動で復旧します。

※ご購入時の初期設定はディスク1台までの障害対応です。

02.Drobo Dashboard

グラフィカルなUIが、やさしく操作・設定をサポート

複数のドライブを使用するRAIDストレージは、複雑な設定作業を求められる場合も多いのが実情。Droboでは専用ソフトウェア「Drobo Dashboard」のグラフィカルな表示を見ながら、スムーズに各種設定が行えます。
また、ご利用中のディスクの状態を確認する必要がある場合はポップアップ表示が現れるため、警告を見逃す心配もありません。初めての方にもやさしいオペレーション環境を追求しています。

03.Multiple Interface

多様な接続ニーズに応える、充実のインターフェイス群

Droboではモデルごとに、WindowsやMacとのダイレクト接続やネットワーク接続に対応する各種インターフェイスを装備。使用機器や目的に合わせてフレキシブルな接続が可能です。

●USB3.0 (Type-Cコネクター)

Windows、Macともに利用可能な高速インターフェイス。Droboを外付けHDD感覚でご利用いただけます。最大5Gbpsの高速転送で、ストレスなくデータのやりとりが可能です。

[対応機種] 5D3 (Gold Edition) / 5D3 / 5C

●Thunderbolt 3

Thunderbolt2を凌ぐ高速転送を実現する、Macで利用可能な最新インターフェイス。Thunderbolt2の2倍にあたる最大40Gbps(理論値)の帯域幅を備え、一層快適なデータアクセスを実現。転送時のロスを極限まで減らし、Droboの性能を最大限に引き出します。

[対応機種] 5D3 (Gold Edition) / 5D3

●NAS(Ethernet)

Droboをご家庭やオフィスのネットワークに接続、共有フォルダを作ることで、複数人で1台のDroboを共有できます。ご家庭でDroboに保存した動画や写真データをシェアしたり、会社のチームメンバーとの情報共有などに利用が可能です。

[対応機種] 5N2 / B810n

●iSCSI SAN(Ethernet)

iSCSI SAN対応Droboとサーバーをネットワーク接続することで、Droboをローカルドライブのように使用可能。SAN(Storange Area Network)への対応で高速なデータ転送を実現しています。サーバーの拡張ストレージとしてももちろん、市販のバックアップソフトの併用によりサーバーデータのバックアップ領域としても活用できます。

[対応機種] B810i

04.Data Access Acceleration

HDDへのデータ保存や読み込みの時のもたつきは、作業時のストレスにも大きく関わります。そこでDroboは、データアクセス時の体感速度を向上させる、多彩な高速化機能を装備。快適な作業性の実現に貢献します。

Automated Data-Aware Tiering(自動最適配置機能)
- 最適なファイルの格納先を自動選択し、アクセスを高速化 -

ファイルのアクセス頻度によって、Droboがデータの格納先を自動的に選択。頻繁にアクセスするファイルは高速SSDヘ、普段あまりアクセスしないファイルはHDDへ、Droboが自動的に配置し、データアクセス時の体感速度を向上させる学習機能です。

[対応機種] B810i / B810n

Hot Data Cache
- SSDキャッシュで体感スピードを向上 -

データの「一時保管場所」として高速なSSDを使用できるため、高解像度の動画や3Dデータといった大容量ファイルを扱う場合でも、ストレスなくアクセスできます。

[対応機種]◎128GB内蔵 :5D3 (Gold Edition)
                 ◎mSATA SSD :5D3 / 5N2
                 ◎SSD :B810i / B810n

05.Storage Without Screws

ネジの取り外しを必要とせず、
手軽にHDDを増設・交換

ディスクスロットイン方式を採用するDroboなら、HDD/SSDの装着時にネジ止めが要らず、イージー&スマートに増設・交換が可能。ストレージの追加や交換作業にかかる手間と時聞を大幅に軽減できます。

※2.5インチディスクをご利用の際は、「2.5インチ」→「3.5インチ」変換アダプターが必要です(別売)。

06.Drobo DR

Drobo 2台を併用することで、
データを安全に自動バックアップ

対応機種を2台用意すれば、万一の災害や機器故障などに備えた「オンサイト(同一施設内)バックアップ」と「オフサイト(遠隔地)バックアップ※」環境の構築が手軽に実現可能。2台のDrobo間は自動同期されるため、一方が災害・故障に見舞われてももう一方のDroboからデータ復旧が可能です。

[対応機種] 5N2 / B810n

※VPNの構築等、ネットワーク設定が必要です。

07.Work with Time Machine

もしもの時に備える
自動バックアップで安心

MacOS標準搭載のバックアップ機能「Time Machine」に対応。MacにDroboを接続し一度設定すれば、1時間おきに自動でバックアップ。Time Machineの差分バックアップ機能※によるデータの縮小と、Droboの優れた容量拡張機能により、長期間・継続的なバックアップでも容量を気にせず安心してお使い頂けます。

※前回のバックアップデータを参照し、差異のあるデータのみをバックアップする機能。データ容量の縮小が可能です。

08.DroboAccess

いつでも、どこからでも。
Droboにリモートアクセス

外出先や出張先からでもインターネット経由で自宅やオフィスのDroboにリモートアクセスが可能。ファイヤーウォールやルーターが設置されている場合でもネットワーク設定を変更することなく接続でき、通信はSSL※による暗号化技術で保護され安心です。インターネット接続環境さえあれば、ポータブルHDDやUSBメモリを携帯する必要はありません。

[対応機種] 5N2 / B810n

※SSL 2,048bitによる暗号化に対応

09.DroboApps

Droboの利便性をさらに広げる機能を
手軽にアドオン

愛用のDroboにさまざまな機能を追加・拡張できる、DroboApps機能。メディアサーバーやP2Pファイルダウンローダー、Webサーバーやメールサーバーといった多彩がアプリがラインアップされ、「Drobo Dashboard」上から、簡単にインストールすることができます。

[対応機種] 5N2 / B810n

※Drobo社製以外のサードパーティアプリは、Drobo社ならびに(株)プリンストンでは個別動作検証は行って
おりません。またザポートも提供しておりません。

10.Drobo Migration

最新のDroboや次世代モデルへの乗換えも
スマートに実現

旧モデルのDroboを現行モデルにリプレースする場合や、将来的に次世代モデルに買い換える場合に、データの移行を驚くほど容易に実現する「Drobo Migration」。今までお使いのDroboに内蔵していたHDDを取り出し、新しいDroboに載せ替えるだけでデータ移行でき、設定やパスワードなどもそのまま引き継がれるので、新たに導入したDroboをすぐに活用頂けます。

※機種により、移行可能な機種が異なります。